お墓の維持に悩んだら永代供養をお願いしよう【京都のお墓事情】 |Grave Jimai Cost
HOME>イチオシ情報>お墓の維持に悩んだら永代供養をお願いしよう【京都のお墓事情】

現代社会のニーズにあった永代供養

少子化という社会現象もあり、墓の承継者の問題は深刻化しています。そういった時代背景もあり、京都でも永代供養を選ぶ方はますます増えています。また、お墓の管理にはお金もかかるため、生活にも少なからず負担がかかるでしょう。子供にさらなる負担をかけたくないと思う方は、永代供養を検討してみるといいです。

永代供養のメリット

  • 残された子供に墓守を頼むという負担をなくせる
  • 管理費など固定的に出てしまう出費を抑えることが可能
  • 自分の代以降の墓の存続を考えずに済む
  • 墓石が壊れた時などの修繕などを考える必要がない
  • 自分の代以降の墓の存続を考えずに済む
  • 墓石が壊れた時などの修繕などを考える必要がない

後継のない人に良い供養

墓花

京都市内で行われる永代供養とは、墓地や納骨堂を引き継ぐ人がいないため、一定の期間において供養を行うとされたものです。ですから永代と言う言葉は使われていますが、永久的と言う訳ではないと知っておきましょう。また新たな後継者が出て来た時には、管理者側との契約を更新するなどの方法も考えられるものです。そのためには管理者側との契約内容の確認が必要になります。供養の方法としては現在ある墓に供養する期間を定め、終了した時には合同墓地へ移すと言う方法と、最初から共同の墓に入るなどの方法があります。これも予め確認をしておくべきことです。

宗教宗派を問わず供養

永代供養を京都市内のお寺でなく霊園や墓地にお願いする場合もあります。永代供養を願いした時点で、全ての管理は施設側が行うことになります。そのため遺族が墓の管理・供養をする心配する必要はありません。だからと言って遺族が供養に行ってはならないのではありません。遺族の方は、いつ訪れても良いようになっています。また霊園などでの永代供養では、宗教や宗派を問わないものが多くなっているのも特徴です。もし問題が起こるとすれば永代供養が終わった後、合葬されることになります。合葬された後、改めて遺骨を取り出すことは不可能になることです。その覚悟をもって、永代供養をする必要があります。

広告募集中