管理できない時は墓じまいが一番!気になる費用と注意すべき点とは|Grave Jimai Cost

墓じまいとは

すでにあるお墓をなくしてしまう事を墓じまいと言い、近年では、少子化などから墓を維持する負担が増え、自分たちの代でお墓をしまってしまおうと考える方も増えています。

墓じまいをする理由ランキング

no.1

墓を守ってくれる親族がいなくなった

少子化もあり、お墓を継承していく人がいなくなってしまうという問題も増えています。

no.2

経済的な負担が大きい

お墓を建てた後も、管理費用等必要になってきますし、お墓に関わる雑事を結構負担に思う方も多いです。

no.3

お墓が遠方で管理できない

お墓が遠方にある場合、お墓まいりに行くのも一苦労となり管理しきれなくなることも多いです。

no.4

自身も高齢で子供がいない場合

自分の死後に後継者がいない場合、先祖代々の墓は墓じまいして、自分は永代供養にと考える方も多いです。

no.5

修繕費の負担が大きい

お墓は立てたら終わりということではなく、お墓が古くなってしまうと修繕費が必要となります。一度にかなり高額な出費となり、それを機に永代供養にと考える方もいらっしゃいます。

将来的に安心できる

霊園

お墓の場所が自宅から遠い、以前に比べて足腰に不安があって出かけることも少し難しいなど、加齢による理由でお墓参りができなくなってきたという人は多くなっています。また、自分の代まではいいが、それ以降にお墓のお世話をしてくれる人がいないなどの理由もあり、墓じまいを考える人はかなりの数に上るようです。今までのお墓を閉じて納骨堂等に遺骨を安置して永代にわたって供養してもらう墓じまいは、完了するまではいろいろと気を使うこともありますが、最終的には心配しなくていいとして選択する人も多くいます。最近は手続きなどすべてを代行してくれる業者もいますが、墓石の撤去などからすべて含めて費用は最低限20万円前後と考えておいたほうが良さそうです。

自分以外も気にかける

高齢の方は寺院の檀家になっている人も多くいるので、墓じまいを検討するときにはその寺院にもお伺いを立てるべきでしょう。長い間お世話になった寺院に対しての遠慮もあるかもしれません。また、寺院側でもその申し出に躊躇することもあるかもしれないと考えておくことも必要です。お墓とはデリケートな問題だということを念頭に入れて自分側の都合だけではなく、トラブルを避けるためには寺院への配慮が必要不可欠です。霊園を利用している場合は問題はないかもしれませんが、費用の心配だけではなく、特にお寺からの墓じまいには気を使っても使いすぎることはないと考えておくほうが賢明でしょう。

金額が増えることもある

お墓の後継者がいない、お墓参りには行きたいので、近くに納骨堂などがあれば永代供養をお願いしたいという人がいます。墓石の撤去は簡単なことではなく、遺骨の移動という慎重に行わなくてはいけないことがあるからです。霊園などは割と簡単に進めることができますが、檀家になっている寺院にいい顔をされずに気まずい状態になるという話は少なくはありません。きちんと理由を話して穏便に進めることは大切ですが、難しいときには代行者を捜して依頼するという方法もあります。その場合は墓じまいそのものにかかる費用に加えて、代行の費用も加算されることになります。墓じまいの費用を計算するときにはそのことも把握しておくことが必要です。

墓じまい110番

煩わしい作業はすべて任せることができますよ!墓じまいの費用や手続き方法をこちらで確認できます。

広告募集中